日韓関係について、玉川氏の発言に和田議員「こういう世論誘導とも言える発言に、我々は事実を広めることで対抗しなくてはならない」

和田政宗議員のツイート

テレ朝「モーニングショー」。

玉川徹氏が日韓関係について、ドイツとポーランドの例を挙げ、「今でもドイツは謝っている」「日本は謝罪を」と述べたが、ドイツはポーランドを「侵攻」、日本と韓国は「併合」。

こういう世論誘導とも言える発言に、我々は事実を広めることで対抗しなくてはならない。

和田政宗 プロフィール


和田政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党政策調査会長・幹事長・党首代行などを歴任。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 44歳)
和田政宗 - Wikipedia

玉川徹 プロフィール


玉川徹は、テレビ朝日報道局の局員で、『羽鳥慎一モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては、後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。
生年月日: 1963年 (年齢 56歳)
玉川徹 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本とドイツは全然違うじゃん。

我が国に侵攻、侵略はないと思ってます。

事実でないことは、画面上で謝罪、訂正させる法律を作る時ではないでしょうか。

知識のないコメンテーターは危険。だからワイドショーは信用できない

独立国家として日本は日本で毅然と対応すればよいだけでは?

竹島に侵攻して占拠してる韓国は謝罪してないんだけどね。

悪意ある嘘も表現の自由ですか?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認