N国、埼玉知事選惨敗で全小選挙区の候補擁立は白紙
<日刊スポーツ> [2019年8月25日23時8分]
全文はこちら

▼ 記事によると…

・「NHKから国民を守る党(N国)」から立候補した医師の浜田聡氏(42)は参院議員会館の事務所で会見。

・「当選はないと思っていたが、参院選で知名度は上がったと思っていた」と複雑な表情。

・同席した党首の立花孝志参院議員(52)は「惨敗だと思う」と分析した上で「最終的に得票率が3%以上ならば、11月の参院補選には浜田君を出す」とした。また次期衆院選では比例11ブロック、289の小選挙区のすべてに候補者を擁立すると宣言したが「この状態で11ブロック以外に289人を出すのは無謀。白紙に戻して再考する」と埼玉知事選の結果を受け、トーンダウンした。

立花孝志 プロフィール


立花孝志は、日本の政治家、YouTuber。NHKから国民を守る党党首、参議院議員。立花孝志ひとり放送局代表取締役。千葉県船橋市議会議員、東京都葛飾区議会議員などを務めた。元NHK職員、元パチプロ、元フリージャーナリスト。渡邉エージェンシー所属。
生年月日: 1967年8月15日 (年齢 52歳)
立花孝志 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一気にトーンダウンだな

埼玉知事選なのにN国候補いたのは何だったんだろう。政策に埼玉のこと何も書いてないのは逆に面白いけど。

悪い意味で有名になりつつある。

言うて3.3%とったのか

埼玉県知事選挙なあ、野党候補には入れたくなかったし、与党候補は政策の中身が無かったし、じゃあどこに入れるかとなったらN国しかなかったじゃん…

まあ知事選はちょっと土俵が違うと思うしな。N国は国政じゃないとあまり意味ないでしょ

参院選の得票率が2.9%で今回が3.3%なら上がってるとも言える

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認