【韓国GSOMIA破棄】元海将「バカげた話です。この協定を破棄して困るのは韓国。文字通り『自殺行為』だと思います」

【韓国GSOMIA破棄】“反日”のために北のミサイル情報を捨てた文在寅の「自殺行為」だ
<週刊文春> 2019-08-24
全文はこちら

▼ 記事によると…

・今回のGSOMIA破棄について、防衛省情報本部情報官等を歴任するなど各国軍との情報共有に詳しい、元海将の伊藤俊幸・金沢工業大学虎ノ門大学院教授に聞いた。

率直に言って、韓国側からGSOMIAを破棄するなどバカげた話です。韓国国内が異様な状態なのだと思います。なぜならこの協定を破棄して困るのは、日本ではなく韓国だからです。文字通り「自殺行為」だと思います。

今回、実際に破棄するという事態になり、韓国軍幹部は絶望的な気持ちになっているでしょう。同情を禁じえないというのが正直な所見です。

まず、GSOMIAについて考える上で確認しておきたいのは、この協定は「情報交換の枠組み」ではなく、「軍事情報の保護」が目的であるということです。GSOMIAが破棄されると「拉致問題の情報まで入ってこなくなる」などといった憶測まで出ていましたが、全くの誤解です。

伊藤俊幸 プロフィール


元海将、金沢工業大学虎ノ門大学院教授、キヤノングローバル戦略研究所客員研究員。1958年生まれ。防衛大学校機械工学科卒業、筑波大学大学院地域研究科修了。潜水艦はやしお艦長、在米国防衛駐在官、第二潜水隊司令、海幕広報室長、海幕情報課長、情報本部情報官、海幕指揮通信情報部長、第二術科学校長、統合幕僚学校長を経て、海上自衛隊呉地方総監を最後に2015年8月退官。
伊藤俊幸 - 新潮社

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・韓国の保守系は黙って見ているのかなぁ~?

・米国の核傘から北朝鮮の核傘へ

・セルフ制裁続々発動ですね。

・我々からすると全く理解できないですが、ムンちゃんからすると、北と一緒になりたくて恋い焦がれているので、日本が悪いんだっていいながら、日本のせいにして、一歩踏み出したんでしょうね。彼にとっては、計画通りとも言えるかもしれません。

・そもそも頼まれて仕方なくだったような…。

・韓国国民が困るだけで文大統領にとっては最高の結果

・南北統一する前提であればなんら問題ではない。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認