【改憲議論】山口二郎氏「玉木発言、国民民主党幹部には、恥ずかしくて外を歩けないとか、怒り狂うなどの反応がある。党としての存続が問われる状態」

山口二郎氏のツイート

いろいろ取材してみると、玉木発言を受けて、国民民主党幹部には、恥ずかしくて外を歩けないとか、怒り狂うなどの反応がある。

玉木発言を党としてどう収拾するかを見きわめたい。

それにしても、党としての存続が問われる状態。

↓↓↓

山口二郎 プロフィール


山口二郎は、日本の政治学者、政治活動家。法政大学法学部教授。北海道大学名誉教授。専門は行政学、現代日本政治論。 岡山県岡山市出身。東京大学法学部卒業。
生年月日: 1958年7月13日 (年齢 61歳)
山口二郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

国民民主党は解党すべきでは?

なんか前原さんを連想しちゃうな…

玉木発言は自民党へのリップサービスだと思っていましたが、なんと維新へのリップサービスも兼ねていたのですか。

党首が自分の意見言っただけで党としての存続は問われないでしょ

今なら他の党員も党首に愛想尽かして離党しても誰も文句言わないしどこかの党に拾って貰えると思う

入れなくて良かった。

小沢さんは、どう思っているのでしよう。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認