【毎月勤労統計調査】給与平均額、5か月連続で前年比マイナスに…

給与総額 平均27万5000円余 5か月連続 前年比マイナス

▼記事によると…

・厚生労働省は、全国の約3万の事業所を対象に行った「毎月勤労統計調査」で、ことし5月の速報値を9日に公表しました。

それによりますと、基本給や残業代などを合わせた働く人1人当たりの給与総額は、平均で27万5597円と去年の同じ月を0.2%下回りました。

マイナスとなるのはことし1月以降5か月連続です。

物価の変動分を反映した実質賃金も去年の同じ月を1%下回り、5か月連続のマイナスとなっています。

また、働く人のうちパート労働者の給与総額は9万6275円と、去年の同じ月に比べて2.2%減少しました。

2019年7月9日 9時03分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190709/k10011986921000.html

毎月勤労統計調査


毎月勤労統計調査及び同統計は、 厚生労働省が実施している調査統計であり、景気変動を探る経済指標の一つとして賃金や労働状況、雇用変動を明らかにすることを目的としている調査である。前身の調査は大正12年(1923年)から始まっており、統計法に基づき、国の重要な調査として行われている。物価変動を除いた実質賃金指数などの公表をしている。GDPの計算や保険などにも用いられる。またこのような重要な統計であるにもかかわらず、下記の不正においては統計の6割強が不適切であったとして問題となっている。
毎月勤労統計調査 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

給与額の低さもだけど控除額が多すぎる方がより深刻

これが現実…「嘘」や「誤魔化し」で偽ったアベノミクスの腐った果実が実りました。

アベノミクスのおかげですね

手取り約22、3万?子供居なけりゃ何とかなるかもってレベル。平均だからねぇ〜それ以下の人も多数いる訳。単純に考えて新車なんて売れる訳ない。結婚?子供産む?出来る訳無いわ😅

大手でこれですか。ため息しかでない。消費税払ってる場合じゃありません。

「景気は上向いてきている」と言われても、全然そう感じない、私たちの感覚は間違っていない。デフレが続き、消費が伸びない、そんな今は、私たち消費者の一人一人を豊かにする、ボトムアップの経済対策が必要!

これでも消費税増税しますか?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認