大阪市、ヘイトスピーチと認定したサイトのプロバイダに削除を求め、発信者の実名公表を検討

ネット上のヘイトスピーチ発信者の実名を初特定 大阪市が実名公表を検討

▼記事によると…

・大阪市は2016年、全国で初めてヘイトスピーチを規制する条例を施行。

今回、大阪市がヘイトスピーチと認定したのは、2016年に市内で在日韓国・朝鮮人に対する差別的な発言を繰り返した街宣活動と、その動画や差別的な内容の記事を集めた「まとめサイト」。

・大阪市はネットの書き込みなどこれまで6件をヘイトスピーチと認定したものの、実名特定にまでは至ってない。

今回初めてウェブサイトの管理者など“発信者の実名を特定”したことから、プロバイダに対してサイトなどの削除を求めるとともに、発信者の実名など公表内容について検討。

7/2(火) 19:23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00028473-mbsnews-l27

ヘイトスピーチ


ヘイトスピーチは、人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、容姿、健康(障害)といった、自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて、属する個人または集団に対して攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のことである。
ヘイトスピーチ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

言論弾圧の布石

日本人に対するヘイトはどうなるん?

ものすごくいびつな手法をとってると思う。 多数意見なのか少数意見なのかすらわからない、ローカルルールだよ。行政が勝手にやりすぎ。

氏名公表された人が殺されたらどうすんの?!

日本人への言論弾圧が強まっていく傾向はこの先も続くだろうな。

せっかく維新にはがんばってほしいと応援していたのに こんな事するなんてがっかりだよ

言論の自由もク○も無くなったな

ネット上のヘイトスピーチ発信者の実名を初特定 大阪市が実名公表を検討

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認