対韓国、「丁寧な無視が一番」=小野寺前防衛相が内情講演

▼記事によると…

・小野寺五典前防衛相は10日、東京都内で開かれた内外情勢調査会で講演し、韓国艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題や韓国人元徴用工問題などに触れた上で、「文在寅政権の間に日韓関係が良くなることは想定しづらい。丁寧な無視が一番ではないか」との認識を示した。

・「あまりお互い(批判を)言い合うと感情的になり、もう一回仲良くしようというときにしこりが残る」とも指摘。「政権が代わる中で理性的な判断ができるようになれば、ウィンウィンの関係になる」と語った。

2019年06月10日16時30分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061000743&g=pol

小野寺五典 プロフィール


小野寺 五典は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。旧姓は熊谷。 外務大臣政務官、外務副大臣、防衛大臣、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自由民主党政務調査会長代理、自由民主党宮城県連会長等を歴任した。 気仙沼市長を務めた小野寺信雄は義父。
生年月日:1960年5月5日 (年齢 59歳)
小野寺五典 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

今後も日本が只々外国の顔色を伺うような情けない道を、間違った道を歩まないよう日本をお願いします

話が通じない相手は無視が1番やろな〜やっぱり小野寺さんの考え好きやわ

文在寅が辞めても今より酷くなると思うね。てなわけで、文政権が踏みとどまるのが最善かと(´・ω・`)

今すぐ、防衛大臣と替わっていただきたいと思います!

政府としては現実的な事をするのが一番。小野寺元大臣の発言は至極まともである。実はそれが一番効果的な内容。

永遠に無視が一番

岩屋聞いてるか?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認