「中2から父と性交」学費の負い目などから強く抵抗できず

▼記事によると…

・3月26日、名古屋地方裁判所岡崎支部が下した無罪判決が波紋を呼んでいる。中学校2年生のころから、娘と性交していた父親が「準強制性交等罪」に問われたにも関わらず、無罪となったのだ。判決文からは、彼女の5年間がいかに「地獄」だったかということがうかがえる。

被害女性の美羽さん(仮名)は、実父と実母、弟3人との6人暮らし。実父による性的行為は、中学二年から始まった。

・美羽さんが高校を卒業するまで、こうした行為は週に1~2回程度の頻度で行われ、美羽さんは<体をよじったり、服をぬがされないように押さえたり、「やめて」と声を出したりするなどして抵抗していた>が、実父の行為は制止できなかった。

本来ならば、助けを求められるはずの実母とも不仲だった。美羽さんが小学校の頃、実父は美羽さんを、殴ったり蹴ったりすることがあったが、実母は、<ほとんど黙って見ているか、実父に加担していた>という。

美羽さんの精神鑑定を行った精神科医は、性的虐待などが積み重なった結果、<抵抗できないのではないか、抵抗してもムリなのではないか>といった抑圧された心理状態になっていたと診断。

これに対し、実父側は「性交は同意の上だった」などと主張したが、裁判所はこうした実父の主張をすべて退け、実父は美羽さんを<精神的に支配していた>、<同意はしていなかった>と結論付けた。

にもかかわらず、<性交を拒めないほどの暴力は受けていなかった>、<両親の反対を押し切って専門学校に入学できるほどだった>などという理由で、<抵抗できないほどの精神状態に陥っていたとは判断できない>として、実父に無罪判決が下ったのだ。

2019年4月18日 6時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16333266/

準強制性交等罪


人の心神喪失や抵抗ができないことに乗じて、または暴力・脅迫によらずこれらの状態にして、性交等をする罪。刑法第178条第2項が禁じ、5年以上の有期懲役に処せられる。
準強制性交等罪 - コトバンク

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こんな判決しか出ないんだから地裁は信用できない

・読んでたら腹たってきた

・虐待の部類じゃない?そっち方面で何とかならんの?

・満員電車でたまたま女性の後ろで深呼吸しただけで有罪なのに。これが無罪。

・安定の地裁

・え?抵抗がどうとかじゃなくてやった時点で罪になるんじゃないの???

・<抵抗できないのではないか、抵抗してもムリなのではないか>といった抑圧された心理状態になっていたと診断されていたにも関わらず、専門学校に行けた、抵抗できない程の暴力は受けてない等として無罪ってバ○かよ

・日本人っていうのが恥になるのも時間の問題じゃねーか

・娘2人居るけど手を出すとか信じられないわ。自分の子供やぞ。もっと大切にしろや

・こんなん許すんだから時代遅れだと言われるんだ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事