元NHK記者、実刑確定へ 女性3人暴行、懲役21年

▼記事によると…

・最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は、勤務していた山梨、山形両県で女性3人に暴行したとして、強姦致傷などの罪に問われた元NHK記者弦本康孝被告(30)の上告を棄却する決定をした。27日付。懲役21年とした一、二審判決が確定する。

・山形地裁判決は現場の遺留物のDNA型が被告と一致したことから「別に犯人がいる事態はあり得ない」と退けた。昨年10月の仙台高裁判決も支持した。

・判決によると、2013年12月と14年10月に山梨県都留市で、16年2月に山形市で、それぞれの女性宅に侵入し暴行した。

3/29(金) 17:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000141-kyodonews-soci

日本放送協会


日本放送協会は、日本の公共放送を担う事業者で、放送法第16条に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省が所管する外郭団体である。 公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「NHK」と呼称・記される。「NHK」は日本放送協会定款第2条で定められた公式な略称である。
日本放送協会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・最高裁はまだマトモのようだ

・出所しても足首にGPSを装着し、月一回指定機関への出頭を命じたら良い。

・無期にも、出られる無期と出られない無期あるからね。

・レ◯プは殺人罪と同等にお願いしたい。

・何時まで経っても、女性への暴行事件が無くならないね。自分より弱い女性を暴行するなんて最低の行為ですね。

・上告したんでしょ。反省してないんだよね。量刑重くしてもいいんじゃないかな。

・温いわ、またやらかすよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事