障害ある少年逸失利益認める判決

▼記事によると…

・4年前、重い知的障害のある少年が死亡したのは、入所していた施設側に責任があると両親が訴えた裁判で東京地方裁判所は施設側に対し賠償を命じました。

判決では、将来働いて得られると見込まれる「逸失利益」について「少年は優れた能力を発揮する可能性があった」と指摘し、障害のない少年と同じ水準の金額を認めました。

・両親は障害者への差別だとして、逸失利益にあたるおよそ7400万円を含め1億1000万円あまりの賠償を求める訴えを起こしました。

・東京地方裁判所の田中秀幸裁判長は「障害者雇用の施策は大きな転換点を迎えていて、障害者が一般企業で働くことができる可能性は否定するべきでない」と指摘しました。

その上で「和真さんは特定の分野に限ってみれば高い集中力があり、障害者でない人よりも優れた能力を発揮する可能性があった」として、19歳までの男女の平均賃金をもとにして、障害のない少年と同じ水準の逸失利益を認め、施設を運営する社会福祉法人に対し、およそ2200万円の逸失利益を含めあわせて5200万円余りの賠償を命じました。

03月22日 11時58分
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190322/0027219.html

逸失利益


逸失利益は、本来得られるべきであるにもかかわらず、債務不履行や不法行為が生じたことによって得られなくなった利益を指す。得べかりし利益とも言われる。逸失利益の算定では果たしてどこまでが本来得られるべきであった利益か、その確定は容易でなく訴訟などでもよく争点となる。
逸失利益 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・もう日本は終わりだな

・利益を生み出さず、施設に被害を与えている時点で

・好きで障害持って生まれた訳じゃないんだから、健常者と同じ額が支払われるべき。

・面倒を施設に押し付けてたくせにむしろ施設が遺失利益受け取れよ

・可能性だけだったら普通の人が100億稼ぐかもしれない。

・じゃあ施設に預けずにお前が育てろで終わりになるな。こんなのを認めるとか行き過ぎ

・障がい者扱いはするけど、障がい者扱いはさせないスタイル。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認