山岸一生さんのツイート

青空にたなびく飛行機雲は確かに美しいけれど、どんなに手を伸ばしても届かない。

今最も必要なのは、確実に私たちの手に届く支援であり、現金だ。

隊員の皆さん、練習大変だったでしょう、お疲れさまでした。

政府が本当になすべきことは何か、私たちに教えてくれた、とても有意義な飛行でした。

山岸一生 プロフィール


1981年8月28日生まれ。38歳です。出身中学、出身高校は、筑波大学附属駒場中学校、筑波大学附属駒場高等学校です。筑波大学附属駒場中学校、筑波大学附属駒場高等学校から、東京大学法学部に入学しました。東京大学法学部を卒業後、朝日新聞社記者になりました。朝日新聞社では、高知、京都の地方局勤務を経て、東京本社の政治部で菅直人総理大臣、野党自民党の谷垣禎一総裁などの「番記者」を努めました。その後、沖縄・那覇の支局に勤務後、東京本社の政治部の記者に戻りました。2019年5月、15年間の記者生活にピリオドを打ち、朝日新聞社を退社しました。 2019年5月、立憲民主党東京都参議院選挙区第4総支部長に就任しました。2019年7月に行われた参議院議員選挙に東京都選挙区から立候補しましたが、次点で惜敗しました。
山岸一生のプロフィール - 山岸一生 りっけん 立憲民主党 オフィシャルブログ

twitterの反応

ネット上のコメント

ダッサ‼︎

お気の毒な方です。

昔だったらこういう人は「へそ曲がり」って言いました🤣

ブルーインパルスによるアクロバット飛行は、何も意味もありませんでしたね・・・。

思春期レベル😓 初老の私はドン引き(笑)😓( ̄ー ̄)

ただ単に綺麗だとかありがたいと言えないのですか。そんなに文句があるなら自分が総理大臣になってみんなからよく言われるようにやっていただきたいです

お暇なようで何よりです。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事