数千人が「飛行機には乗らない」宣言、気候変動に強まる危機感

▼記事によると…

・英国を出発して24本の列車に乗り、9カ国をまたぐ2万キロの旅を経て、中国にたどり着いた男性がいる。

社会学者のロジャー・タイアーズさん(37)は学術研究の目的で今年5月、英南部のサザンプトンから列車を乗り継ぎ、1カ月かけて中国東部の港湾都市、寧波にたどり着いた。かかった旅費は2500ドル(約27万円)と、往復航空運賃のほぼ3倍。

タイアーズさんは気候変動に対する危機感に駆り立てられて、飛行機ではなく列車での旅を選んだと説明。

・世界では数千人がタイアーズさんと同じように、気候変動を理由に飛行機は利用しないと宣言している、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんもその1人。

2019.12.18 Wed posted at 17:00 JST
https://www.cnn.co.jp/travel/35147045.html

飛行機


飛行機とは、空中を飛行する機械である航空機のうち、ジェットエンジンの噴射もしくはプロペラの回転から推力を得て加速前進し、かつ、その前進移動と固定翼によって得る揚力で滑空および浮上するものを言う。 形状が固定翼機に似ていても、動力を持たず、牽引されないと滑空しかできない航空機はグライダーと呼ばれる。
飛行機 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

その旅の目的地である中国の環境に関しては何もなし?

歩きや自転車で行かなければ説得力無い。

みんなが飛行機使わなくなったら、エコとは程遠い結果になりそうやな

金と時間が有り余ってて羨ましい。

日本と違って海外はみんなが環境問題を意識するようなシステムが出来上がってるから不安になるんだろう

電車はよくて飛行機がダメな理由がわからない。

これくらい意識高めなきゃならない時代になってきたのかな。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認