厚生年金加入、70歳以上も 厚労省が納付義務を検討

▼記事によると…

・厚生労働省は会社員らが入る厚生年金について、一定額以上の収入などがある場合、70歳以上も加入して保険料の支払いを義務付ける検討に入る。

現在は70歳未満としている保険料の納付期間が長くなるため、受給できる年金額は増える。

健康寿命は延び続けており、将来に備えて長い期間働く高齢者が増える可能性がある。

・仮に75歳まで加入した場合の年金額は、さらに数千円が上乗せされると見込まれる。

2019/4/15 23:47(有料記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43565480Q9A410C1MM8000/

年金


年金とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。年金の主な給付事項は、老齢給付、障害給付、遺族給付の3つがある。給付者は年金者と呼ばれ、典型的には引退した高齢者を指す。
年金 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・若い人には、払わない選択肢もつくるべきですね。

・年金くれなくていいから今まで払った分利子付けて返せ

・少ない年金では生活出来ず、やむなく働きに出ている高齢者に厚生年金を納めろというのか。

・まあもう税金の一部だと思ってるから貰える貰えないはどうでもいいよ

・今の現役世代は払い損になるのはみえみえなので、納めた保険料を一括一時金で返してもらいたい。

・今更言ってもアレだけど、こうならないために、昔にもっとちゃんと考えて欲しかった。

・もう…貰える気がしない…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る