死亡事故起こした「はとバス」運転手はインフルエンザで高熱

▼記事によると…

・4日午後6時半ごろ、新宿区西新宿で観光バスの「はとバス」が、停車していたハイヤーに追突して乗り上げ、そのまま30メートルほど進んだあと、街路灯に衝突して止まりました。

バスとハイヤーに乗客はいませんでしたが、この事故で、ハイヤーの運転手、宮崎昭夫さん(52)が死亡しました。

バスを運転していた37歳のドライバーはその場で逮捕されましたが、いったん釈放され、病院に入院して検査を受けました。

警視庁によりますと、検査の結果、ドライバーはインフルエンザにかかっていて事故当時は38度を超える高熱があったとみられることがわかりました。

2019年12月5日 17時19分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012203301000.html

はとバス


株式会社はとバスは、東京都内・神奈川県内で定期観光バス、貸切バスを運行している会社である。2003年度からは一部の都営バスの運行受託を行っている。
はとバス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いつ発症したのかが気になる

鳩ってよりカラスだな

被害者の名前は晒されて、加害者の名前は伏せられるのか(困惑)

これ、会社がドライバーがいないから無理やり運転させたか、ドライバーが無申告で乗車したかで話が変わるな。

はいブラックの可能性大

インフルエンザで正直に話していたとしても、休めない運送業界。点呼なんて大手以外はただの儀式では。

これは色々もめますね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認