丸亀製麺、ハワイ・ホノルル店の従業員の給料が話題に… 『1日6時間の週5日勤務で月収◯◯万らしい』

デナーリスさんのツイート

ホノルルにある日本のうどんチェーン店で働いている友人、1日6時間の週5日勤務で月収40万らしい。

彼に言わせると「日本の同じチェーン店で毎日8時間働いても15万。あり得ない」そうだ。

だがホノルルは物価も高くハンバーガーが1000円する。

そんな彼は日本に来るとお金持ちになった気がするそうだ。

丸亀製麺


丸亀製麺は、株式会社トリドールが運営するうどん専門の飲食店。 釜揚げうどん等を低価格にて、ショッピングモールのフードコートや郊外型のロードサイド店舗などの店内で製造・調理して提供する直営多店舗展開を行っている。
丸亀製麺 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

昔、日本の給料はどこかの国なら何ヶ月分という話を聞いたことがありますが、立場が完全に変わったのですね。

ハンバーガー1000円、そこには労働者の賃金も含まれてる。

GDPの6割が内需、給与を上げ経済を回さないと成長できない。でも企業はみな給与を上げないまま莫大な現金預金を持つが、投資もしない。ゼロ金利時代に預金するだけ。これは戦後の貧しかった世代の「とにかく貯金だけはしなさい」という呪縛に日本人自身が囚われているためであり、デフレの要因です。

昔の日本だ。円ドルのレートが変われば正常化するのでは?1ドル80円から70円位にすると日本の水準と合うし、日本の給料も安いと思われない。

これはかつて日本人がアジア周辺国に対して持っていた感覚そのものですね。

銀行の超低金利も庶民の金融資産の足を引っ張ってる。これでアベノミクス?

日本は競争激しいから安くしないと売れないですからね・・(TдT)

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認