安倍首相「約束守るよう求めていく」「韓国は信頼損なう対応続けている」
<産経新聞> 2019.8.23 11:21
全文はこちら

▼ 記事によると…

・安倍晋三首相は23日午前、韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に関して「国と国との約束を守るように求めていきたい」と述べた。

・首相は「日韓請求権協定に違反するなど、国と国との信頼関係を損なう対応を韓国が続けている」と語り、韓国側の一連の対応を批判。さらに「米国としっかりと連携しながら、地域の平和と安定を確保する、日本の安全を守るために対応していきたい」と述べた。

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

▼動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・今は冷静に、次の機会は断固たる対抗措置を望みます

・国家安全保障は重要。簡単に協定をやめるんだから凄い。

・…信頼損なう……つまり、損なわれる程度には信頼があったのか…

・日本の特定野党や特定メディアは、韓国と対話しなさい!っていうが、対話してきて、すべて約束破るのは韓国です。

・サムソンについてトランプ大統領が言及したのも楽しみ😂

・冷静だなあ。少なくとも外交はやっぱこの人じゃないとあかんわ

・想定の範囲内、、でしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認