土田晃之、アンパンチ論争に「僕らの世代なんて、ご飯の時間に北斗の拳。殴られた人が爆発するのを見ながら育った」

土田晃之 アンパンチ論争に「僕らの世代なんて、ご飯の時間に北斗の拳」
<スポニチアネックス> 8/16(金) 14:33配信
全文はこちら

▼ 記事によると…

・お笑いタレントの土田晃之(46)16日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。人気アニメ「アンパンマン」の「アンパンチ」で幼児が暴力的になるという論争について持論

・土田は「僕は全然“暴力的にはならない派”ですよ」とコメント。「うちの子どもたちも(幼少期に)アンパンマンもちろん見てましたけど、全然暴力的でもない。一番は、そういうのがあった時に親がどう教育するかが大事。この教育する能力がない人が作品のせいにする」と考えを述べた。「僕らの世代なんて、晩ご飯の時間に“北斗の拳”っていうのやってましたからね。100発相手を殴って、殴られた人が爆発するのを見ながら(育った)。だからって、我々(が暴力的だとか)何かあります?どういうことなのか、教育で説明するのが大事」と主張した。

・お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(43)
「アンパンチ見て暴力的になるような子どもは、何しててもいずれ暴力的になる可能性がある。早めに矯正できるチャンス」

土田晃之 プロフィール


土田 晃之は、日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーターである。太田プロダクション所属。身長183cm、体重75kg。血液型AB型。 東京都練馬区生まれ、埼玉県大宮市育ち。大宮市立大砂土中学校、埼玉工業大学深谷高等学校、専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。
生年月日:1972年9月1日 (年齢 46歳)
土田晃之 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • おかしな世の中になったもんだ。
  • 文句言ってる保護者は、実名でカメラの前で私見を話して欲しい。
  • 自分の正義を通したいなら相手よりも力が必要という、当然の摂理と、力は誰かを助ける為に使うんだと言う信念を教えてくれるアンパンマンは尊い。
  • 『教育する能力がない人が作品のせいにする』本当にその通りだと思います。
  • 見せなければ良いのでは?もし見せてもそっちがちゃんと躾ければ良いだけの話。毎週30分の番組を見せ続けて暴力的になったならそれは親の躾が出来てない証拠だと思う。
  • 神経過敏な人、あるいは創作物を創作物として理解出来ない人が増えたのでしょう。
  • 僕も土田さんと同世代で北斗の拳をゴールデンタイムで観てたし、学校で北斗百裂拳など言って同級生などにやってた記憶がありますが、少なくてもそれで相手を痛めつけようとか思ったことないし、むしろスキンシップ的な遊びだったかな?むしろ当時はプロレス技をかけて怒られたりした気がします。
  • まぁそういうのと無縁で育てる方針ならそれはそれでいいんじゃない?もしかしたらマジメに育つかもしれないし。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認