韓国の重要度「格下げ」 19年版防衛白書、原案が判明
【共同通信】2019/8/10 06:00 (JST)
https://this.kiji.is/532665009609655393

▼記事によると…

・政府の2019年版防衛白書の原案が9日、判明

・同盟国・米国を除く各国との協力や交流実績を記載する「安全保障協力」の章で重要度を示すとされる記述順を変更。

韓国について18年版はオーストラリアに続く2番手だったが、今回は4番手と位置付けている。

防衛省筋は「事実上の格下げを意味する」と明言。

安保分野でも、韓国との対立を巡る日本の立場を鮮明にした格好。

防衛白書


防衛白書は、日本の防衛省が毎年刊行している白書である。防衛政策の基本理念について日本国民の理解を求めるために作成されている。2003年からは『日本の防衛』というタイトルが付されている。
防衛白書 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 米軍との連携を是とした防衛白書の韓国の重要度を下げるか、普通。こりゃ本格的に米韓同盟が終わりそうだね。
  • 四番手…まあ、まず土地が近いしな。遠かったら番外間違いなしだものな…。
  • 日本がこれだけ韓国に嫌がらせ受けててそれでもまだ四番手に驚き!( ・`ω・´)
  • 今まで2番手だったのか??4番手でもこえーよ。二桁でいいよ。
  • 4番手ってより、もう視野に入れなくて良いかと思います😌
  • 今まで2番手なのが不思議だぜ?
  • 圏外で宜しい。
  • 2番手だったのが驚き。そんなに気を使ってたんだ…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事