自民・小野田紀美議員「愛国が気持ち悪いなどという思考の持ち主をつくった戦後教育やメディアの根深さを感じます」

小野田紀美議員のツイート

愛国なんてどこの国でも当たり前の事だと思いますが…

愛国が気持ち悪いなどという思考の持ち主をつくった戦後教育やメディアの根深さを感じますね。

まぁ何を愛するも愛さないも人それぞれですが、人の愛にケチをつける人間にはなりたくないものです。

小野田紀美 プロフィール


小野田紀美は日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元東京都北区議会議員。
生年月日: 1982年12月7日 (年齢 36歳)
小野田紀美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 母国を悪く言う方がよっぽど変わってるって思われますけど。
  • 小中高で歴史の本などをたくさん読んで来たこともありますが普通に生きていたら我が国を愛することは当たり前のことかと。先人たちに感謝です。
  • 愛国などと言う言葉を政治家が言っては駄目です。
  • 私も小野田さんと同じ。この国が大好きで、心の底から愛してます✨✨😊‼️
  • ちなみに自分は同性婚、将来的には認めるべきだが今のスパイ防止法や国籍法ユルユル状態を先に何とかすべき、と思います
  • 日本ではなぜか愛国と言うと、右翼ということになる。
  • 愛する対象としての「国」の概念の問題ではないでしょうか?なぜか、愛国をいう人は、現代の日本という「国」ではなく、戦前の天皇主権時代の「国」への愛着が強い傾向にあると思う。
  • 思想信条関係なく国会議員は愛国で当たり前だと思います。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認