日韓非公式会談

岩屋防衛大臣と韓国のチョン国防部長官との非公式会談について、

自民党・宇都隆史
政府は時期尚早として公式会談は見送ったと。ところが非公式会談を行った。非公式会談を決心したのは誰?

岩屋毅防衛大臣
形にとらわれず意見交換をする必要がある。会うべきと私が判断した

Mi2さんのツイート

鄭景斗 プロフィール


鄭 景斗(チョン・ギョンドゥ)は韓国空軍の将官。職種は飛行。日本の航空自衛隊幹部学校に留学の経験がある。第35代空軍参謀総長を経て、2017年8月20日より第40代合同参謀議長に就任し、韓国軍最高位の軍人となった。海軍出身の宋永武国防長官と共に、韓国軍創設以来初めて非陸軍出身者が制服組トップ・国防相の2大要職をすべて占めた
生年月日:1960年9月13日 (年齢 58歳)
鄭景斗 - Wikipedia

宇都隆史 プロフィール


宇都隆史は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。参議院外交防衛委員会委員長。外務大臣政務官。元航空自衛官。
生年月日: 1974年11月12日 (年齢 44歳)
宇都隆史 - Wikipedia

岩屋毅 プロフィール


岩屋毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日: 1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

大臣としての資質がない。

独自で動いたとどこかで聞いたなー

閣僚に個人の判断などあるのだろうか?閣僚の判断とは内角の判断であり、それを否定する人に大臣の資格はないと思う。

独断なら頷ける。パチンコマネーがたよりの岩屋

つまり勝手に会って勝手に笑顔で握手し、結果、間違ったメッセージを与え、今もナメられてます、と。

他に大臣の適任いるだろ

これは流石に任命責任者として更迭させるべきでは無いのかな?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事