【県民投票】安倍首相、辺野古移設は継続「結果を真摯に受け止め」「これからもご理解いただけるよう、全力で対話を続けていきたい」

安倍首相、辺野古移設は継続 県民投票「結果を真摯に受け止め」も

▼記事によると…

・安倍晋三首相は25日午前、沖縄県の県民投票で「反対」が多数を占めたことについて、「結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に全力で取り組む」と述べた。

一方、引き続き辺野古移設を進める方針を明言し、「長年にわたって県民の皆様と対話を重ねてきたが、これからもご理解いただけるよう、全力で対話を続けていきたい」と話した。首相官邸で記者団に語った。

首相は「世界で最も危険と言われる普天間飛行場が固定化され、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない」と強調した。

そのうえで、日米両政府の普天間飛行場の全面返還合意から20年以上たったと指摘し、「これ以上、先送りすることはできない」と移設を進める考えを表明。

「単に新たな基地を造るのではなく、普天間飛行場を全面返還するための基地だ」と辺野古移設の必要性を重ねて訴えた。

2019年2月25日 12時27分
http://mainichi.jp/articles/20190225/k00/00m/010/021000c

安倍晋三 プロフィール


安倍晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。
生年月日: 1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・真摯に受け止め=無視

・投票の仕方が悪いよ。普天間移設に反対か賛成でやらないと

・『沖縄の負担』と『日本の国益』、それを秤にかけたとき国のトップである安倍総理がどちらを取るべきかは明らかだろ。というか沖縄に負担を強いてでも国益を優先しなければならないのが総理大臣だ。埋め立てに反対してる奴は、埋め立て続行と中止でそれぞれ日本にどんなメリットとデメリットがあるかを紙に書き出してみろ。

・増税についても国民投票しよ

・そりゃまあ結果そうなるだろうけどそうっすねとしか言えねえわな、結局何も変わらんよ

・安倍さんに任せておけば日本は安泰だね

・国と国の約束だからな。守らないと韓国と変わらん

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認