【話題】『特定の側に立ったプロパガンダを、投票日の前日に有権者に呼びかける番組を日本国民はいつまで許容するのでしょうか…』

藤原かずえさんのツイート

特定の側に立ったプロパガンダを投票日の前日に有権者に呼びかける番組を日本国民はいつまで許容するのでしょうか。

これでは民主主義どころかメディア第一主義です。『報道特集』は今回も「反対する英雄とそれを抑圧する悪魔の構図」を造り、有権者のルサンチマンをフルスロットルで刺激しています

報道特集


『報道特集』は、TBS系列で、2008年4月5日から、毎週土曜日の17:30 - 18:50に生放送されている大型のニュース・報道ドキュメンタリー番組である。ハイビジョン制作、リアルタイム字幕放送。
放送枠:TBSテレビ系列夕方ニュース枠
報道特集 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・報道特集だけでしようか?

・これこそ監督官庁は何を管理してるんでしょうかね。国民の財産、公共の電波を行政はしっかり管理しろ。

・放送の公平性が完全ゼロという、究極の偏向番組ですね。これが日本のオールドメディア。テレビ放送には一切の正義がない。

・選挙でないと言うことですよ。つまり、拘束力は無いと言う事です。

・辺野古移設に反対するという事は『普天間基地の固定化容認』という事。TBS等の旧メディアはそれには一切触れずに『基地建設反対』とだけ主張し、ミスリードしている。そもそも『新基地』と呼ぶ事自体に悪意がある。

・テレビの前の皆さんにも問われているというのならさっさと埋め立てて移転して子供の命の危険を軽減しろ!非常識な報道するな!

・私達がメディアに対して戦える事はメディアやスポンサーに抗議するしかなく、記者やコメンテーター、番組内容を変える事も出来ません。反日偏向メディアこそ独裁主義の巨大な権力だという事を国民は知るべきです。

・イージスアショアの件でも、似たような報道してた。まったく許せない偏向報道、印象操作

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認