日本の仏僧はなぜ肉を食い、酒を飲み、妻を娶ることができるのか=中国メディア

▼記事によると…

・中国メディアの捜狐はこのほど、中国の仏僧は出家後は「結婚できない」のが普通だと指摘する一方、日本の仏僧は結婚して子どもを持ち、子どもが寺を継ぐのが普通だと驚きを示す記事を掲載した。

・記事は、中国人にとっての仏僧のイメージは「すべての煩悩を断ち切り、世俗の情や愛といったものとは無縁の存在」というものだと指摘する一方、日本の仏僧はこうしたイメージとは大きくかけ離れていると指摘。なぜなら日本の仏僧は酒を飲み、肉を食い、結婚して子も持つからだと指摘し、「なぜ日本の仏僧はこんなにも自由なのか」と問いかけた。

・続けて、これは仏教が日本に伝わった当時の出来事が関係しているとし、仏教が日本に伝わった当時、朝廷は仏教を保護したために仏僧は税を免除される存在になったと紹介。

そのため、税の免除をねらって出家した「偽の仏僧」が急増したと強調し、不純な動機で出家した仏僧たちは寺の中で酒を飲んだり肉を食べたりしていたと紹介、「戒律が厳しく遵守されない問題は日本に仏教が伝わった当時から存在していたのだ」と論じた。

2019年02月22日 08時12分
https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20190222_00018/


僧はサンガを音写した「僧伽」の略で仏教の戒律を守る、男性の出家修行者である「比丘」と女性の出家修行者である「比丘尼」の集団のこと。仏教の三宝の一つ。在家信者を含めた教団を僧とは呼ばず、出家者が四人以上集まったとき僧となる。男性の出家修行者の集団を比丘僧といい、女性の場合は比丘尼僧という。衆あるいは和合衆と訳される。
僧 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・中国だって好きにやればいい

・日本人が真面目に宗教なんてやるかよ

・坊さんだってクリスマスにはサンタになる。日本的な宗教観こそ世界平和に必要だって心の底から思ってるわ

・ビジネス仏教だからです

・禁欲は欲望がかえって強くなる。程よく満たさなきゃダメだと思うけどな

・日本の宗教はビジネスだろ。そして得た富を謳歌する。

・こんな事言ってる時点で煩悩を捨ててないやん

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認