「2050年の日本は犯罪大国になる」とジム・ロジャーズが予測する理由

▼記事によると…

・日本はすべてがすばらしい。京都など、歴史をよく保存している都市も多い。個人的に本当に好きで評価している国だが、その日本が50年後か100年後には消えてしまうのは心から残念でならない。

・なぜ消えると断言できるのか?当然だ。これだけ借金があり、しかも子どもを作らないのだから。私はこれだけ日本を愛しているが、日本に住もうとは思わない。借金と少子化、この二つがシンプルな理由だ。

・もちろん私は、銃を買って撃ちまくるようにと提案しているのではない。10歳の子どもが40歳になった時、往来では暴動がたくさん起きているかもしれない。国民全体が不満を覚えて国が破綻に向かう時は、怒り、バイオレンス、社会不安が募るものだ。日本だけはそうならないと言う人もいるが、これはどの国でも起こる社会現象だ。殺人を含め、さまざまな形の犯罪が増えるだろう。

・人口が減少し、さらに移民を受け入れない国に将来大きな問題が起きるのは、歴史も物語っている明白な事実だ。

・いまや世界経済をリードする存在となった中国も、過去に同じ過ちを犯している。

・このように、外国人を排除し、門戸を閉じた国が衰退の一途を辿るということを、歴史は何度でも教えてくれる。外国人は新しい活力、新しい血統、資本、アイデア、興奮、刺激をもたらす。だから繁栄している国は外国人を欲しがるのであり、外国人もそんな国に惹きつけられる。ただ、国内で問題が起きて不満がたまってくると、何でも外国人のせいにして、やがては追放してしまう。外国人を追放する方が結局はさらなる問題を引き起こすというのに、だ。

2019.2.21
https://diamond.jp/articles/amp/194291?display=b

ジム・ロジャーズ


ジム・ロジャーズは、アメリカ合衆国アラバマ州出身の投資家である。クォンタム・ファンドの共同設立者である。現在はロジャーズ・ホールディングスの会長である。
生年月日:1942年10月19日 (年齢 76歳)
ジム・ロジャーズ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

30年前から中国に投資してるジム・ロジャーズは中国を悪くは言わない

・移民入れた方が犯罪多発するんじゃね

・いや、今も通名で犯罪やりたい放題の連中に居座られてますが?

・移民しか解決策がないのは分かるが、こいつの言いかたは嫌いだな

煽る事が仕事だしな

・子供作らないんじゃなく、作っちゃいけない政策を国が進めてるからな

衰退はするだろうけど終わることはないよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認