性犯罪で起訴 懲役8年求刑

▼記事によると…

・女の子への強制わいせつ傷害などの罪に問われている66歳の被告の裁判員裁判で、検察は「性犯罪の常習性があり、似たような犯罪を繰り返す人には、より刑罰を重くしていくことが必要不可欠だ」などと述べ、懲役8年を求刑しました。

・住所不定、無職の寺本隆志被告(66)は、去年6月、長崎市で小学生の女の子のあとをつけて下着をおろしてけがをさせたほか、別の女の子の下着などを盗んだとして、強制わいせつ傷害と窃盗の罪に問われています。

・これまでの裁判では、被告が平成4年に東京・北区で当時13歳の女子生徒を殺害した事件や、長崎市で当時12歳の女子生徒を殺害した事件などで有罪判決を受けて服役したこと、それに今回の事件の発生が別の性犯罪で服役し、出所してから5か月ほどだったことが明らかになっています。

・弁護側は「今回の犯罪行為そのもので量刑は決められるべきだ。わいせつ行為をエスカレートさせるつもりはなく未遂に終わっている。再び犯罪を起こさないという意欲もある」などとして、懲役3年6か月が妥当だと主張しました。

02月19日 17時20分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20190219/5030003278.html

↓↓↓

女児に強制わいせつの罪懲役7年

▼記事によると…

・女の子への強制わいせつ傷害などの罪に問われている66歳の被告の裁判員裁判で、長崎地方裁判所は、「殺人などの前科が2件あり、直近の前科でも強制わいせつなどにより懲役4年に処せられている。

その刑の執行終了からわずか4か月余りで今回の犯行に及んでいて非難の程度は大きい」として、懲役7年の判決を言い渡しました。

02月21日 17時33分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20190221/5030003299.html

強制わいせつ罪


強制わいせつ罪は、刑法176条に規定されている犯罪である。
強制わいせつ罪 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・弁護士もこんなやつの弁護しなきゃいけないなんて大変だな・・・

・意欲の問題じゃないでしょう

・なんで出所させてるんだよ

・犯罪を犯したらこの弁護士も連帯責任でバッジ返還と罪に問うべきだな。

・再犯をしないっていう意欲がある(反省して2度としないとは言ってない)まんまこれやん

・二人殺害してなぜ死刑じゃないの?

・これまた出所したら誰かが犠牲になるけど、どうすんの?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事