【民主党政権】江田憲司議員「過去の政権のことは国民にとってはどうでもいいこと!」

民主党政権のことは、国民にとってはどうでもいいこと

江田憲司
過去の政権のことは国民にとってはどうでもいいこと!必要なのはこれから!不毛な議論をするな!

DAPPIさんのツイート

江田憲司 プロフィール


江田憲司は、日本の政治家、通産官僚。衆議院議員。民進党代表代行、維新の党代表・共同代表、結いの党代表、みんなの党幹事長、内閣総理大臣秘書官等を務めた。
生年月日: 1956年4月28日 (年齢 62歳)
江田憲司 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・居直ったか。。。

・もう二度政府を任せられませんね

・民主党関連は、過去のことはどうでも良いという割に韓国の主張は過去を含めて受け入れろと?

・国民代表でも無いのに「国民は~」なんて口にしないでほしい。

・江田憲司、国民にとって非常に重大な暗黒悪夢の過去だよ。民主党政権時代は。どうでも良いと言うの為らば、あなたは議員としての資格が無いよ。本当に。

・まぁどうでもいいっちゃどうでもいいが、絶対忘れんけどな。

・そもそもあの頃が悪夢だったかどうかは国民が決めること。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認