【防衛交流】海自セミナーに韓国が例年通り参加へ…岩屋毅防衛相「適宜適切に判断し、できるものはやっていく」

海自セミナーに韓国が例年通り参加へ

▼記事によると…

・海上幕僚監部は19日、各国海軍の幹部を招いて交流を深める「アジア太平洋諸国海軍大学セミナー」を25日から東京都内の海上自衛隊幹部学校で開くと発表した。海自哨戒機への火器管制レーダー照射問題で関係が悪化する韓国からも海軍中佐1人が参加する。

・岩屋毅防衛相は19日の記者会見で、韓国との防衛交流について「適宜適切に判断し、できるものはやっていく」との考えを示した。

・また、日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化などで参加が途絶えていた中国からも、海軍大佐1人が6年ぶりに出席する。海自は「参加者との意見交換などを通じて相互理解を深めたい」としている。

2019.2.19 19:53
https://www.sankei.com/politics/news/190219/plt1902190035-n1.html

海上自衛隊幹部学校


海上自衛隊幹部学校(かいじょうじえいたいかんぶがっこう、JMSDF Staff College)とは、防衛省目黒地区(東京都目黒区中目黒)内に所在している、海上自衛隊の学校である。大日本帝国海軍の海軍大学校に相当する、海上自衛隊の最高教育機関である。
海上自衛隊幹部学校 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・参加するのは、自衛隊から機密情報を盗むためだろ。中韓は敵国。

・この防衛相、何を考えているのか!名を惜しむ国、ニッポン。

・自民党も含め、国会議員は今までの東アジア各国への平身低頭な態度が国民に見限られていることに気づくべきだ。

・レーダーはどうなったんですか?

・あの時、自衛官の方々がどういう思いでいたか、まるで理解していないのか…。

・適宜適切?!イワヤバ○ジャネーノ

・どの面下げて参加してくるんだか。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認