売上げ減少が続く「宝くじ」、みんな夢を買わなくなった?

▼記事によると…

・「年末ジャンボ宝くじ」の当選金額や本数は
1等:7億円(24本数)
1等の前後賞:1億5000万円(48本)
1等の組違い賞:10万円(4776本)
2等:1000万円(72本)
3等:100万円(2400本)
4等:10万円(9万6000本)
5等:1万円(48万本)
6等:3000円(480万本)
7等:300円(4800万本)

このように大きな数字が並んでいますが、実は発売総額の半分ほどしか払戻金が発生しない仕組みになっています。それは、「当せん金付証票法(第5条)」により、払戻率は「発売総額の5割に相当する額を超えてはならない」と定められているから。

・近年の売り上げは減少傾向が続いています。総務省の発表によると、2017年度の売上額は7,866億円と、前年度より6.9%も減少しています。さらに、ピークだった2005年の1兆1,047億円と比較すると、12年間で約29%も売り上げが減少しているのです。

2/16(土) 19:45
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00009731-toushin-life&p=1

宝くじに何度も高額当選をしている人に秘訣を聞いてみたら‥ある共通点が!?


ジャンボ宝くじで1等が当たる確率は1/1000万だと言われています。年末ジャンボ宝くじになるとさらに確率は低くなり1/2000万となります。
●高額当選者に聞く当たる宝くじの買い方
・購入枚数は最低30枚から
・同じ売り場で買い続ける
・何かいいことがあった時に買う
・購入した宝くじは机の引き出しに入れて保管をする
・保管をする際には黄色い封筒や布などに入れる
実は当たっている人に共通しているのが欲がないということなんです。また高額当選者にもう一つ共通しているのが年齢です。実は高額当選者の約4割は60代以上となっており、これは男性も女性も変わりません。
HOWMATCH

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・買っても当たらないので、当選する確率を上げて欲しい。

・買わなきゃ当たらないっていうけど、買っても当たらないし。夢の3億より手元の3千円のが大事。

・当たり前やん当たらないんだから。給料は、下がるお小遣いは、下がる買っても当たらん。だれが喜ぶよ?

・酒でも飲んだほうがコスパいい

・三千円買って300円の確立のほうが高いなら、三千円を食費に回したほうが良い家計が多いんだよ。

・買う量が減ってるだけだろ、金ねーんだから

・当たらないもんなぁ。笑。地道に働こう。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認