山口二郎氏のツイート

安倍政権が倒れたら、役人たちはつかえが下りたようになって、この間何が起こったのかを正直に告白するようになるのではなかろうか。

役人人生の将来を官邸が握っている現状で、役人に本当のことを話せと言っても限度がある。

政権交代こそ情報公開。

山口二郎 プロフィール


山口二郎は、日本の政治学者、政治活動家。法政大学法学部教授。北海道大学名誉教授。専門は行政学、現代日本政治論。 岡山県岡山市出身。東京大学法学部卒業。
生年月日: 1958年7月13日 (年齢 60歳)
山口二郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・という夢を見たんですな

・そうなるかもしれないですが、それにはまず全ての悪の元凶・内閣人事局の即時解体が為されてからだと思います。

・官僚体質から見て、政権倒れようが何しようが変わらないと思う。

・官邸が役人の人事件を握っていることが、問題だと思いますが、それでもこれだけの隠蔽に荷担することは、やはり犯罪だと思います。

・不正を明るみにしなければいけないのは、不正に終止符を打つため。これ以上、不正に関わって苦しむ人を増やさないためにも不正は終わらせないといけない。そのためには、自民党とは利害が一致しない者による政権交代は必須。政権交代は、行き詰まった日本社会の打開のためにも必要なことだ。

・同感です。政権交代こそ清浄機能

・山口さんは安倍政権が嘘をついていると言うことが前提の話なので、何もおきませんね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事