【辺野古】玉城デニー沖縄県知事「新基地を造らせない」「政府へ対話によって解決策を求めていく」

玉城デニー沖縄県知事「辺野古新基地を造らせない」 県議会で演説

▼記事によると…

・沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は13日午前、沖縄県議会での演説で「辺野古に新基地を造らせないという公約の実現に向けて、ぶれることなく前進税例で取り組む」と述べ、米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設に反対する考えを改めて表明した。

移設を推進する政府への対応に関しては「司法ではなく対話によって解決策を求めていく」と説明した。

2019.2.13 10:47
https://www.sankei.com/politics/news/190213/plt1902130011-n1.html

玉城デニー プロフィール


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。本名は玉城 康裕。知事業務上、法的効果が必要な文章には本名を使用している。
生年月日:1959年10月13日 (年齢 59歳)
玉城デニー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・県民のため、基地問題、移設問題もわかるが、より良い沖縄県の発展のため、県民の生活、財産、命を守ることが沖縄ファーストだと思う。

・この知事、沖縄県の首長としては致命的に国際政治や軍事、地政学の知識認識が欠落してるよね。

・新基地では、ありません。既存の基地の拡張です。悪質な印象操作は、やめて下さい。

・出過ぎたことを言うな

・尖閣諸島周辺の中国船侵入に対しても手緩い演説で全く危機感が無い。

・新基地なのか?普天間飛行場の移転はどうするん?国と国の約束事はどうなるん?普天間飛行場の早期移転を願ってる県民の民意は?国の防衛事項に口出し権限あるん?分かりやすい説明聞いてみたい。

・県民投票を前にして、中立でいなければ行けない立場だということを理解できていないようです。沖縄県民がかわいそうに思える。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認