吉村大阪市長、万博跡地の夢州に「F1誘致」

▼記事によると…

・大阪市の吉村洋文市長は12日、2025年大阪・関西万博の会場である人工島・夢洲(ゆめしま、同市此花区)の将来像について、「F1のモナコ・グランプリのような大会を誘致し、世界から人を呼び込めるような環境を整えたい」と語り、24年開業を計画する統合型リゾート施設(IR)と合わせ、「世界屈指のエンターテインメントエリア」を目指す考えを示した。産経新聞の単独インタビューに答えた。

万博開催決定を受けて、夢洲では埋め立て造成工事などインフラ整備の準備が加速化している。広さ約390ヘクタールのうち、万博予定地は155ヘクタール、IR用地は70ヘクタールで、大阪市は22年中の埋め立て造成の完了を目指している。

・人を呼び込む手段の一つとして、IRの誘致を念頭に、夢洲でのサーキットレースを構想。シンガポールやモナコなど世界の都市で行われているF1の国際大会の誘致に意欲をみせ、「夢洲の道路は、将来的に公道レースが誘致できるような仕様にしていきたい」と述べた。

2/12(火) 20:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000588-san-soci

吉村洋文 プロフィール


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪市長、大阪維新の会政務調査会長。衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長等を務めた。 2018年現在在職中の政令指定都市長の中では千葉県千葉市長の熊谷俊人に次いで2番目に若い。
生年月日:1975年6月17日 (年齢 43歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・普通に鈴鹿サーキットでいいと思う。

・夢のある話でええやん‼️

・自分はツールド夢州の方がよいかな。F1より自転車の方が馴染みがある。

・バイクレースの方が斬新

・魅力的な公道レースコースを作る予算が確保できるなら面白いと思う。やろうと思ったところでなかなかできる所無いもんね( ・ᄇ・)

・東京五輪とはエライ違いやわ。

・市街地レース楽しそう。大阪は夢があっていいね!F-1はチケット代が高すぎるので、安価なものがあれば流行りそう。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事