東京都の防潮扉で見つかったバンクシーらしき落書きに鑑定家「110%本物」価値は約2000万~3000万円

英国で鑑定「110%本物」 都内の“バンクシー”

▼記事によると…

・海外の有名アーティストの作品ではないかと指摘されている都内で見つかった謎の落書き。イギリスの専門家が本物かどうか鑑定した。

・東京都は先月、この扉を取り外して保存。小池都知事は本物かどうか確認するとしていたのだが、ロンドン近郊のアートギャラリーで様々なバンクシー作品を所蔵する鑑定家、ジョン・ブランドラーさんに鑑定してもらうと…。

・バンクシーに詳しい鑑定家、ジョン・ブランドラーさん:「これは110%本物です。何の疑いもありません。約2000万円から3000万円はすると思います」

2019/02/11 18:50
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000147414.html

バンクシー プロフィール


バンクシーは、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。大作を短時間で描くことから、複数人によるグループ説もある。
生年月日:1974年 (年齢 45歳)
バンクシー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・販売して利益を都の財源に組み込めば

・「バンクシーっぽい落書きが本物だった!」とか言って騒ぐ前に落書きしていいのあそこ?

・落書きは容認できなくても、価値があるなら利用するってのは大事だと思うわ

・バンクシーは他の落書きと同様に消してもらえると最高に喜ぶと思うぞ。

・110%本物ってことは本物よりすごいんじゃない!?(笑)

・これは消されることで完成する作品だと思うよ

・東京都はスプレー落書きを容認したんですねwww

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認