【意識調査】高齢ドライバー、年齢が上がるにつれて『自信あり』が増加!「80歳までは現役でいたい」

高齢ドライバーの4割「自分は高速道路で逆走しないと思う」 免許返納しても良いと思う年齢は約80歳

▼記事によると…

・NEXCO東日本は2月6日、「車の運転に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象は高齢ドライバー(65歳以上男女104人)と、65歳以上のドライバーを親に持つ子ども世代(30~50代男女312人)。

高速道路での逆走のうち66%が65歳以上のドライバーによるものというデータを知らせると、高齢ドライバーで最も多かった多かったのは「自分も車を運転するので関係ある」(58.7%)だった。

しかし、次いで多かったのは「自分は逆走を起こさないと思うので関係ない」(35.6%)と、約4割は「自分とは関係ない・興味ない」と考えていることが明らかになった。

○年齢が上がるにつれ「運転に自信ある」の割合増加
65歳以上のドライバーのうち、運転に自信があると答えたのは76%。男性ドライバーに限ると80.7%が「自信あり」と回答した。

年齢別に見ると、66~69歳のドライバーは73.5%、70~74歳は75%、75歳以上は79.4%が「自信がある」と、年齢が上がるにつれて「自信あり」の回答が増加している。

「免許を返納しても良いと思う年齢」を聞くと、平均は79.1歳。車の運転には自信があり、80歳までは車の運転は現役でいたいと思っている高齢ドライバーが多いことが伺える。

2019.2.7
https://news.careerconnection.jp/?p=66770

高速道路の逆走はなぜ起こる?納得の原因から違反と事故についても


高速道路は、すべて一方通行で車が対向する場所はありません。それなのになぜ逆走が起きるのでしょうか。理由は大きく3つに分けられます。
過失:案内標示を見逃し、道を間違えて逆走
故意:行き先の間違いに気づき、正しい行き先に向かおうとして逆走
認知症・飲酒等:正常な判断ができない、高速道路のルールや高速道路の認識がない
高速道路を逆走すると、道路交通法第17条の「通行区分違反」という違反になり、違反点数は2点、違反罰則金は9,000円なのです。ですが事故を起こしてしまうと、「危険運転致死障罪」に問われてしまいます。被害者が怪我をした場合(致傷)は15年以下の懲役、死亡した場合(致死)は1年以上20年未満の懲役ということになります。
MOBY

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・おれもこうなるのだろうか

・身体は衰えていくのに運転技術が上がるわけないんだよな

・うちの父親はまだ60代だけど会う度に運転マナー悪くなってるしこの前一時停止無視したからもう同乗しないって決めた。

・まあ大丈夫な人もいるだろうけど見分ける方法ないし制度化するしかないわな

・免許更新で視力検査に引っ掛かって係員に「一度休んでからもう一度検査しましょうか?」と聞かれたのに、それを拒否してそのまま免許返上した俺の親父誇らしいぜ。

・一人相撲で勝手に事故ってくれるならまだしも、人に迷惑をかけた運転はして欲しくないわ

・その慢心こそ他人に迷惑掛けるきっかけになるよ・・・

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認