沖縄防衛局、市民の抗議は庁舎外で対応に方針転換

▼記事によると…

・沖縄防衛局は5日までに、市民団体から抗議・要請を受ける場所を基本的に庁舎外とする方針を固めた。これまでは原則、庁舎内で対応していた。防衛局は5日、要請対応の基準について「当局業務の円滑な遂行と庁舎管理の観点などから対応を調整する」と説明した。

名護市辺野古の基地建設に反対するヘリ基地反対協議会が8日に要請を申し入れたところ、防衛局は庁舎内に通さない意向を示した。今後、他の市民団体も同様の対応になるとみられる。

・ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「防衛局の姿勢が閉鎖的になってきた」と批判した。

2019年2月6日 11:06
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-871782.html

沖縄防衛局


沖縄防衛局は、防衛省の地方防衛局のひとつ。2007年9月1日に那覇防衛施設局から改組された。2008年に中頭郡嘉手納町へ移転した。
沖縄防衛局 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・まぁ沖縄地本に火をつけられたし、そりゃ警戒するよな。

・集団で押しかける、怒鳴る、座り込むまでならまだしも(それでも充分事案だけど)、海保や地本みたいにガラス破られたり放火されたりしたらたまらないからね、しょうがないね

・何されるかわかったもんじゃないもんな

・抗議は立ち話でせーって言うんか。ほんまに、国会から地方まで、国民を馬○にしている。

・放火されるからね、仕方ないね

・まぁ完全に威力業務妨害してるんだから当たり前だわな。

・市役所じゃないんだから一般窓口とか本来ないだろ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事