ローソン2店舗で消費期限改ざん オーナーら処分

▼記事によると…

・ローソンによりますと、三郷天神一丁目店は弁当やパンなどの消費期限が切れそうになると、7時間延長したシールに貼り替えて販売を続けていました。30代の元従業員が複数の別の従業員に指示し、先月までの2年半に1万3700個が不正に販売された可能性があります。

同じオーナーが経営する別の店舗でも同様の手口で改ざんが行われていました。健康被害は確認されていません。ローソンは、オーナーとの契約を解除したうえで2つの店舗を閉店し、関わった従業員全員を解雇しました。

2019年2月6日 16時55分
http://news.livedoor.com/article/detail/15983463/

ローソン


株式会社ローソンは、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している。
ローソン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・偽装したのは半日以下か…改ざんは改ざんなんだけど過剰すぎるんじゃないかねぇ

・健康被害出てないんじゃいいと思う。食べ物処分しすぎだし

・“消費”をいじるのは ちょっと……😓

・破棄するくらいなら割引して売れるようにすればいいのに…

・でも食べ物を捨てるのも間違っていると思う

・7時間くらいよくね?過剰すぎる。

・いい加減コンビニの廃棄改善して欲しいわ 捨てすぎなんだよなあ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る