あえて「マスクなし対応」好評 市役所、風邪の職員は…

▼記事によると…

・青森県むつ市は、窓口で市民と応対する職員に対し、特段の事情がないかぎりマスクをつけずに接するよう求めている。

・「不快な印象を与えない」とする窓口対応改革の一つだ。風邪の流行期となる冬場はマスク姿が多くなりがちだが、体調が悪い職員には「窓口対応をさせない」「自宅で休ませる」ことを徹底した上で「ノーマスク」を推進している。

・ノーマスクは「窓口サービス日本一」を目指す改革の一環として、昨年12月中旬から始まった。職員の接遇研修で招いているマナー講師とも相談した。坂野課長によると、窓口を訪れた市民からは評価する声が寄せられているという。

2019年2月6日 9時1分
http://news.livedoor.com/article/detail/15981156/

むつ市


むつ市は、青森県東北部、下北地方に位置する市である。
むつ市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ただ、この役所での対応を見ると、「まだ感染していない(であろう)職員を、マスクなしで不特定多数の来客に対応させ、罹患させる」という本末転倒的な印象がしてしまうのです…

・マスクしてると苦情がきてマスク禁止になったうちの娘のバイト先は飲食店。そういう世の中が理解できない。

・発症してなくても感染してる可能性がね

・予防マスク勢に救いはないんですか

・いや、あのね?ノーマスク対応に対して「体調の悪い職員は休ませる事で対応」じゃなくてね?一番怖いのはノーマスクでパンデミックしにやってくる一般市民だってわかってて言ってる?

・イヤこの時期考えたら職員も客もマスクする方が正解でしょ

・感染した市民が来たら大流行するね😊

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認