新聞労連が首相官邸に抗議 「東京新聞記者の質問制限」

▼記事によると…

・新聞労連は5日、首相官邸が官房長官記者会見での東京新聞記者の質問を「事実誤認」と断定し、質問権を制限するような申し入れを官邸記者クラブに行ったとして、厳重に抗議するとの声明を発表した。

官邸は昨年12月28日、東京新聞の特定の記者が事実に基づかない質問を繰り返しているとして「事実を踏まえた質問」を要請する文書を記者クラブに提出した。

労連は声明で「記者が事実関係を一つも間違えることなく質問することは不可能だ」と指摘。「意に沿わない記者を排除するような申し入れは国民の『知る権利』を狭めるもので、決して容認できない」と非難した。

2019年2月5日 20:14
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-871553.html

日本新聞労働組合連合


日本新聞労働組合連合は、1950年6月30日に設立された日本の労働組合である。かつては日本労働組合総評議会加盟労組であったが、総評解散以後は日本労働組合総連合会および全国労働組合総連合の何れにも属していない。
日本新聞労働組合連合 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・何度も事実誤認した質問を繰り返してくるからでしょ。

・正気で言ってるのか。唖然とした。

・素人の発想かも知れないけど記者は自らの足を使って関係者に取材し事実関係を把握して記者会見で質問するんじゃねえの?

・自分には甘く他人には厳しい新聞スタンダード

・質問の最後の1文だけで良いのに、「長い」とにかく「長い」。官房長官は一言で終わるのに(笑)

・正しい質問が出来ずに正しい記事を書けるのか?

・要は度を越している、ということですね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事