女児死亡 逮捕の母親「娘が暴行受ければ自分はされずにすむ」

▼記事によると…

・千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された事件で、このうち、4日逮捕された母親は「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

・母親のなぎさ容疑者(31)をめぐっては、以前、沖縄県糸満市に住んでいた際、勇一郎容疑者からDV=ドメスティックバイオレンスを受けていると親族を通じて市に相談が寄せられていて、捜査関係者によりますと、これまでの調べに対しても、なぎさ容疑者は「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述しているということです。

警察は、DVを受けるのを免れるため、心愛さんへの暴行を黙認していたとみて調べています。

2019年2月5日 5時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011803661000.html

ドメスティックバイオレンス


ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、以下略称:DVと記述)または配偶者暴力(はいぐうしゃぼうりょく)、夫婦間暴力(ふうふかんぼうりょく)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力(身体的暴力だけでなく、心理的暴力、経済的暴力、性的暴力も含む)のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。
ドメスティックバイオレンス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・地獄かよ

・自分より子どもを守るのが親だと思うんだけどね…まぁもう色々限界の家庭だったんだろうな

・自分の保身の為に娘を…最低過ぎて悲しくなるわ

・娘さんにとってこんなに悲しいことはない。

・栗原勇一郎容疑者は、校長や教師、母親らの手に負える人物ではなく、正真正銘の「モンスター」です。

・親なら子を守る立場にならなきゃいけないんじゃないのか

・言葉が出ない…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る