レーダー照射に沈黙…立憲民主党はなぜ韓国を避け続けるのか? → 識者「『日本国や日本人を守る』という意識・覚悟が感じられない」

立民、レーダー照射に福山氏も沈黙…なぜ「韓国」を避け続けるのか? 識者「日本守る覚悟感じられない」

▼記事によると…

・立憲民主党は、どうして「韓国」を避け続けるのか? 福山哲郎幹事長(57)は1日の参院代表質問で、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射問題について、完全にスルーした。枝野幸男代表(54)も前日、衆院での代表質問で韓国に一切触れず、疑問視されていた。

・代表質問後の記者会見で、「なぜ、韓国などは質問で取り上げなかったのか?」と問われ、枝野氏は「全部を質問していたら、3時間もかかるから、聞かなかった」と語った。

・ジャーナリストの安積明子氏は「立憲民主党は『外交に無関心な政党』と思わざるを得ない。北方領土を含む日露関係の質問も、政府の揚げ足取りといった印象が強かった。連日の報道を見れば、ロシアよりも、明らかに韓国への批判の声が強い。同党からは『日本国や日本人を守る』という意識・覚悟が感じられない」と断言した。

2019.2.4
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190204/soc1902040005-n1.html

枝野幸男 プロフィール


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党代表。衆議院議員。 立憲民主党代表就任前の要職としては、旧民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、民進党代表代行、民進党憲法調査会長。
生年月日:1964年5月31日 (年齢 54歳)
枝野幸男 - Wikipedia

福山哲郎 プロフィール


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、京都造形芸術大学客員教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。 参議院環境委員長、参議院外交防衛委員長、参議院内閣委員会理事、民主党政策調査会長、民進党幹事長代理、外務副大臣、内閣官房副長官などを歴任。
生年月日:1962年1月19日 (年齢 57歳)
福山哲郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・どの国の国民の利益を代表しているのか、って話よね

・おっ忖度かな?

・まっとうな政治wwwww

・3時間かけてでも話し合え

・時間がなかったは草

・モリカケに何時間使ったかお忘れに・・・?

・いつまでも逃げられると思っていたら大間違いだ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認