「日本は破綻するだろう」 リクシル潮田会長が日本嫌いの理由

▼記事によると…

・売上高1兆6千万円超を誇る住宅設備メーカー「LIXILグループ」。『日経ビジネス』が、潮田洋一郎会長兼CEOがMBO(経営陣による買収)を行った上で本社をシンガポールに移そうとしていると報じ、波紋を呼んでいる。

・洋一郎氏は自身の生活拠点もすでにシンガポールに移しているが、その背景にあるのが潮田家と国税当局との長年にわたる確執だという。

「潮田家は93年、健次郎氏の兄・猪一郎氏が亡くなった際の相続で33億円の追徴課税、さらに14年には健次郎氏が亡くなった際の相続で60億円の追徴課税を命じられています。いずれも受け皿の資産管理会社に相続資産を移すなどして評価額を引き下げるスキームでした」

・日本という国は芸術に対する理解が極めて乏しいというのも、洋一郎氏の持論だ。
「洋一郎氏は東西の古典から茶道、建築に至るまで幅広い教養を持つ趣味人。文化事業にも私財を投じてきましたが、その点も国税には睨まれていたといいます」(同前)

洋一郎氏は「日本で納税するつもりはない。いずれ国債は暴落し、日本は破綻するだろう」と公言して憚らない。だが、復権以降、国債より先に急落したのがリクシルの株価だ。洋一郎氏が嫌いな日本の株式市場は“趣味人経営者”を厳しく評価している。

週刊文春 2019年2月7日号
http://bunshun.jp/articles/-/10587

LIXIL


株式会社LIXILは、建築材料・住宅設備機器業界最大手の企業で、株式会社LIXILグループの主要企業の一つである。
LIXIL - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・言霊って大事(天に吐いた唾が自分に落ちてきたとも言う)

・TOTOしか買わん

・リクシルの製品を好んで使う日本の顧客のことはどう思っているんですかね?そんなに嫌いなら関連会社もぜーんぶ引き上げて日本で一切の商売しなければいいのに。

・潮田会長って日本人ですか?

・日本を代表する建材メーカーがこんなことでいいのか!?オリンピック需要得た収入について税金を納めたくない。ということですか?

・税金は、様々な公共サービスのために使われています。納税拒否して、それらのサービスを使うのはタダ乗り行為ですよ?

・せこっ!

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認