お花のようにかわいい、前脚のない子犬が、悲しい過去を乗り越えて、ついに自分の居場所を見つける!!!

この写真の”ダフォディル”という名前のこの可愛い赤ちゃんには、前脚がありません。

この子犬はダンボール箱の中に捨てられていました。

その中で死んでしまうことだってあったかもしれません。

スクリーンショット 2016-02-28 18.39.46

もし、そんな状況に遭遇したら、

あなただったら素知らぬ顔で通り過ぎますか?

それとも手を差し伸べますか?

運のいいことに、ある人がダフォディルを拾い、サンフランシスコのSPCA(動物虐待防止協会)に連れてきました。

親切な人たちのおかげで、ダフォディルは命をつなげました。

そこでダフォディルは犬用義足を作ってもらうことになりました。

まず、小さな体を保護するために体を包みます。

スクリーンショット 2016-02-28 18.39.52

ギプスをつけて、脚の位置に穴をあけるための場所を決めます。

ダフォディルの不安そうな顔が辛いです・・・。

スクリーンショット 2016-02-28 18.40.02

それから2週間後・・・。

ついにダフォディルは幸せをつかみます!!!

こちらの動画をご覧ください。

出典元:San Francisco SPCA

義足を得たダフォディルのちぎれそうになるほど振り回されていた尻尾が印象的です。

思わず、感動して泣いてしましました。

最後、ダフォディルはある女性のもとへ引き取られることになりました。

スクリーンショット 2016-02-28 18.40.50

義足製作過程でずっと、サンフランシスコSPCAはダフォディルの写真をOrthoPetsという会社に送っていました。

このOrthoPetsという会社は、ダフォディルの義足を作った会社です。

そのOrthoPetsの社員の1人がダフォディルのファンになり、コロラドという遠く離れた場所に住んでいるにもかかわらず、ダフォディルを引き取りたいと言ってきたのです。

スポンサーリンク

彼女は飛行機に乗ってダフォディルを迎えに来ました。

彼女の家できっと、ダフォディルは生涯あふれんばかりの愛情をもらい続けることでしょう。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事