与党、玉木氏のタブレット使用認めず=衆院代表質問

▼記事によると…

・30日の衆院本会議で行われた安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が用意した原稿をタブレット端末で読もうとしたところ、与党の反対で認められなかった。

本会議に先立つ衆院議院運営委員会理事会で与党側が「前例がない」と難色を示したのが理由。玉木氏は質問の冒頭で「国会のペーパーレス化のためにも、こうした古いルールを改めて進めていこう」と訴えた。

2019年01月30日18時00分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019013001079&g=pol

玉木雄一郎 プロフィール


玉木 雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日:1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・国会審議中にタブレットで動画見る奴続出するから禁止でいいよ

・どうだろ?ファーウェイのタブレットなら絶対ダメだと思うよ

・じじいはウイルスとか分かんねえから下手にやらせるとひどいことになるぞ。

・これは玉木支持。野党は紙用意とかいって時間稼ぎばかりだからな

・PCすら使えない政治家にとってはタブレットを使われる事が恐ろしいんだろうな

・もうあらゆるところが「ザ・後進国」でウケるw

・理由は前例がないってだけなのか・・・

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認