自民外交部会で、韓国に対抗措置求める声相次ぐ… 長嶺氏「日韓関係の安定を取り戻すため現場でしっかり対応したい」

自民外交部会、韓国に対抗措置求める声相次ぐ

▼記事によると…

・自民党は30日、外交部会などの合同会議を開いた。長嶺安政駐韓大使が出席し、元徴用工訴訟や自衛隊機へのレーダー照射問題で冷え込む日韓関係の現状を報告した。出席議員からは防衛に関わる物品の輸出規制など、韓国への対抗措置を求める声が相次いだ。

長嶺氏はアジアなどの大使が集まる会議のため一時帰国している。議員からは長嶺氏を韓国に帰すべきでないとの意見も出たが、外務省側は「企業支援などの観点で韓国にとどまってもらったほうがいい」と応じた。長嶺氏も「日韓関係の安定を取り戻すため現場でしっかり対応したい」と述べた。

2019/1/30 15:00(会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40661940Q9A130C1PP8000/

長嶺安政 プロフィール


長嶺 安政は、日本の外交官。サンフランシスコ駐在総領事等を経て、2011年から外務省国際法局長、2012年から駐オランダ特命全権大使、2013年から外務審議官。 2016年から駐大韓民国特命全権大使。
生年月日:1954年4月16日 (年齢 64歳)
長嶺安政 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本にかわって安保理に締め上げて貰いましょう

・もうこれ飽きた。これも無慈悲シリーズと同じ口だけ。やってから言え。

・パフォーマンスはいいからさっさと実行しろやヘ◯レ自民

・日本は韓国に対して強い態度を示すべき。さもないと未来永劫あの国にたかられる。多くの日本国民はそれを求めていると思う。弱腰は今後の日韓関係にも悪影響。

・もうずいぶん我慢しました。ある意味でここで切り捨ててもいいかと思う

・安倍さんのヘ◯レっぷりどうにかならんか

・やっちゃえ日本‼️

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認