韓国人女性がバンコク空港のセキュリティーチェックで係員にを平手打ち → 罰金約7000円のみで帰国

韓国人の女、バンコク空港のセキュリティーチェックで係員に平手打ち

▼記事によると…

・事件は2019年1月26日よる11時頃、バンコク・スワンナプーム空港で起きました。

・飛行機の出発前の保安検査場。安全な飛行のため、乗客が危険物を所持していないかのセキュリティチェックは全員が受けなければなりません。また、係員の指示には従わなければなりません。

韓国人の女がセキュリティーゲートを通過した際、警告音が鳴ったため、女性係員は韓国人の女のボディチェックを行いました。

当初からなぜかイライラとしていた様子の韓国人の女は、突然ボディチェックをしている係員の女性を平手打ち。すぐに後ろにいた連れの韓国人男性が止めに入りましたが、時はすでに遅しでした。

本来なら韓国人の女は逮捕されてもおかしくはない状況でしたが、罰金2000バーツを科されたのみで開放され、韓国に戻ったのことです。

2019年1月28日
https://www.thaich.net/news/20190128kr.htm

スワンナプーム国際空港


スワンナプーム国際空港は、タイのバンコク中心部から32km東方のサムットプラーカーン県バーンプリー郡にある、2006年9月28日に全面開港した国際空港である。スワンナプームとは、サンスクリット語で「黄金の土地」を意味する。
スワンナプーム国際空港 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・罰金が安すぎ。入国禁止してほしいな

・いきなり平手打ちとか酷過ぎ‼️…職員さんが可哀想😢

・やっぱり韓国人は外国人に対する敬意を持ってないのかな?日本人なら第一に日本を悪く思われないようにと自制心が働きますが。どちらが良いのかは分かりませんが。

・スペシウム光線連打w

・なぜか韓国の平凡な日常光景に思えてしまう。しかし自己中でわがままなこどもみたいな女だな。

・暴行傷害の案件ですね❗

・タイには20年入国禁止があります。期待しましょう。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認