明石市長がパワハラ発言 「燃やしてしまえ」「火つけで捕まれ」 立ち退き交渉で

▼記事によると…

・兵庫県明石市の泉房穂市長が平成29(2017)年6月、道路の拡幅工事に伴うビルの立ち退き交渉をめぐり、担当する市幹部に「(物件を)燃やしてしまえ」「火をつけて捕まってこい」などと暴言を浴びせていたことが29日、分かった。

泉市長は同日、市役所で記者会見して発言を事実と認め、「パワハラだった。市長としてあるまじき態度で申し訳ない」などと釈明した。

2019.1.29 11:51
https://www.sankei.com/west/news/190129/wst1901290019-n1.html

泉房穂 プロフィール


泉 房穂は、日本の政治家、弁護士。兵庫県明石市長。元衆議院議員。
生年月日:1963年8月19日 (年齢 55歳)
泉房穂 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・( ´・ω・` )そうは聞こえんぞ。

・不信任!

・昭和の、地上げ屋を思い出したわ。

・地上げ屋だな、こりゃ😓

・自身の処分って?放火を指示したんだからそれなりの罰が必要

・暴言吐かれた部下の心傷つき、市長選んだ市民も心傷つく。

・見事に燃えたw

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認