ヘイトを撒き散らす危険な「愛国思想」の元凶

▼記事によると…

・今後、急激に労働人口が減少する日本において、移民受け入れは不可避の政策だと私は思う。

・多文化多民族共生社会の対極にあるのが、日本という国を特別な血縁共同体だと観念する國體思想だ。この思想が増殖すれば、日本の社会は分断と対立に陥っていくだろう。この危険思想が学校の道徳教育を通じて拡散されれば、日本中でヘイトスピーチやヘイトクライムが起きるだろう。アメリカで暴れ回る白人至上主義と同様の「日本人至上主義」が社会問題化するであろうことは想像に難くない。

・安倍政権に蠢く教育勅語「再生」への野望は、外国人大量受け入れ時代において、日本の社会を偏見、差別、分断、対立、憎悪、敵対、抗争、暴力へと追い込んでいく危険性をはらんでいる。

1/27(日) 6:10
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00260713-toyo-bus_all&p=6

國體(こくたい)の意味や使い方
①国家の状態。くにがら。②国の体面。国の体裁。 「 -ヲケガス/ヘボン 三版」③主権の所在によって区別される国家形態。共和制・君主制など。④天皇を倫理的・精神的・政治的中心とする国の在り方。第二次大戦前の日本で盛んに用いられた語。⑤「国民体育大会」の略。
https://www.weblio.jp/content/%E5%9C%8B%E9%AB%94

前川喜平 プロフィール


前川 喜平は、日本の文部科学官僚。 文部科学省官房総括審議官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官を歴任。
生年月日:1955年1月13日 (年齢 64歳)
前川喜平 - Wikipedia

ヘイトクライム


ヘイトクライムとは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る、特定の属性を持つ個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる、嫌がらせ、脅迫、暴行等の犯罪行為を指す。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 」と定義されている。
ヘイトクライム - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本人同士の分断と対立を煽っている連中はスルー?

・前川、そっちか。

・こういう連中って韓国で日本人に対するヘイトスピーチやヘイトクライムが起きても嫌韓が増えるとか言って同じようなことを言うんだよね

・国体を難しく書いただけか

・何この自虐史観者、と思ったら書いたヤツ、あの前川スケ平やんけ。東洋経済もこんなク○に記事書かせるなんて落ちぶれたなwwwww。

・まだいたのか、コイツ。こんなのが教育のトップにいたとは。

・思想の自由を認める気がないよね

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認