鮫島浩氏のツイート

レーダー照射問題を一方的に公表し喧嘩を仕掛けたのは安倍政権である。

反論され一方的に協議を打ち切るのでは子どもの喧嘩ではないか。

ハナから国内の反韓世論を煽る狙いだった疑いが一層膨らむ。

安倍政権と一体化して反韓を煽ったマスコミは最後まで真相追及する義務がある。

韓国海軍レーダー照射事件


韓国海軍レーダー照射事件とは、2018年12月20日午後3時頃能登半島沖の日本海において韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が、海上自衛隊のP-1哨戒機に対して火器管制レーダーを照射したとされる事件である。
韓国海軍レーダー照射事件 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・FCレーダーを照射したほうに言ってください>喧嘩を仕掛けた

・①ええと、お宅がそのマスコミの一人では? 他人事みたいに書いてますけど💧②最後まで真相を追求して困るのは誰かなァ⁉️笑

・それが朝日新聞のスタンスという事ですね?

・日本のEEZ内で、救難信号も出していない国連決議で制裁中の北朝鮮籍の船に自国旗(艦旗含む)を上げずにこそこそなんかやってた事が世界中に喧嘩売ってる事何ですがわかっていますか?だから、フランスもイギリスも日本海の警備に来ることになってますが…

・すげー こんなにデタラメ言えるのってある意味才能

・シンガポールでの実務者の協議で、日本側の提案に応じなかったのは何故なのだろうという疑念が解けません。

・もう一切信用出来ない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事