ウルトラマン映画を“無許可で製作” 係争中に続編公開 中国

▼記事によると…

・ウルトラマンの映画を無許可で製作・公開したとして日本の円谷プロダクションから著作権の侵害で訴えられていた中国の会社が、裁判が続けられているにもかかわらず、新たに製作したウルトラマンの続編とする映画を今月から中国で公開していたことがわかりました。

この問題は、中国南部、広東省広州の会社が、おととし、ウルトラマンの新作だとする映画を製作・公開したことをめぐって、日本の円谷プロダクションが著作権の侵害だとして中国の裁判所に訴えているものです。

・この会社は、ウルトラマンの海外利用権を持つ会社から許可を受けていて、問題ないとしています。

これについて、円谷プロダクションはNHKの取材に対し、利用権とは過去の作品の放送や商品化などに限られるとしたうえで、「著作権は一貫して当社にあり、派生作品は当社の権利を侵害するもので、法的措置を含めて対応する」としています。

2019年1月22日 22時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011787241000.html

ウルトラマン


「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」日本の特撮テレビ番組。 『ウルトラマン』は、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。 後続作品のヒーローと区別するために本作のウルトラマンを「初代ウルトラマン」と呼ぶ場合がある。 制作はTBSと円谷プロダクション。
ウルトラマン - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ウルトラマンは日本国民の宝です。

・中国といい韓国といい隣国にまともなのはいないのか

・そう言えばウルトラマンの著作権ってゴタゴタがあった挙げ句、タイかどっかに有るんじゃなかったっけ?

・いや勝手に続編作るなよw

・中国の子供達は、自分の憧れた正義のウルトラマンが、実は金儲けのために悪どい方法でパクられ作られたウルトラマンだっていつか知るんだろうな。かわいそう。

・この度胸と根性はすごいと素直に思う

・PVめっちゃかっこよかった。その技術をパクりに使うのはもったいない。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事