国民民主、自由が合流へ 参院選へ主導権狙う

▼記事によると…

・国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日夜、東京都内で会談し、両党が合流する方向で大筋合意した。両党所属議員が全員合流すれば、参院で野党第1会派になる。夏の参院選に向けて存在感を高めるとともに、国会運営で主導権を握るのが狙いだ。

・両党は、自由党が解党し、国民民主党に加わる形での合流を検討している。今後、党内でそれぞれ協議し、28日召集の通常国会までに手続きを終えたい考えだ。

・ただ同様の構想は昨年秋にも浮上し、国民民主党内の反対論で頓挫した経緯があり、不確定要素も残っている。

2019/1/22 21:14
https://this.kiji.is/460411403720950881?c=440928277147370593

玉木雄一郎 プロフィール


玉木 雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日:1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

小沢一郎 プロフィール


小沢 一郎は、日本の政治家。自由党所属の衆議院議員、自由党共同代表。閣僚として、自治大臣、国家公安委員会委員長を歴任。党務においては、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首、民主党代表代行、民主党代表、民主党幹事長、国民の生活が第一代表、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表などを歴任した。
生年月日:1942年5月24日 (年齢 76歳)
小沢一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・泥舟と泥舟が合流して大きな泥舟となる、という事は更に崩壊し易い構造になるという感じですね。野党の選挙対策の野合は、野合とは言わないんですね、朝日新聞的には(笑)

・旧民主党のときと同じ轍を踏むのか。

・玉木氏って代表の器じゃ無いから乗っ取られて離反してって通常業務並みの動きになると思う。

・虚構新聞かと思ったら朝日。マジかよ。

・え、自由党と立憲民主党なら、まだわかるけど…。

・国民民主党なんて端からまともな政党とは見ていませんが、こりゃあんまりですよね。

・あー組む相手間違えてるわ。そして党名が国民自由民主党になるんですか?笑笑

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事