「照射なし明白、科学的結論」韓国が反論声明

▼記事によると…

・韓国国防省は22日、日韓の火器管制レーダー照射問題で防衛省が21日にまとめた最終見解に反論する声明を発表した。

・声明は、2度の再現実験や乗員への聞き取り、資料の分析結果を踏まえ、「火器管制レーダーは照射されなかったとの明白で科学的な結論に達した」と主張した。防衛省が公開したレーダー波の探知音については、「我々の火器管制レーダーの電波受信音だと断定する根拠は何もない」と強調した。

問題の本質は、駆逐艦の上空150メートル、距離500メートルまで近づいた「哨戒機の低空威嚇飛行」と指摘し、「友好国ではない(国籍)未確認の航空機だったなら、自衛の措置をとっていた」と反発した。

2019年01月22日 18時26分
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190122-OYT1T50076.html?from=ytop_main4

国防部


国防部は、大韓民国の国家行政機関であり、庁舎はソウル特別市龍山区にある。国防部の長を「国防部長官」と称し、国務委員が任命される。諸外国の国防省、日本の防衛省に相当し、大韓民国国軍を司る。
国防部 (大韓民国) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こいつら最初の時にレーダー照射したって自分で言ってたことを誤魔化し通せると思ってんのかねぇ

・韓国では科学すらも感情最優先。客観視という言葉は存在しない。全てにおいて自分の感情が正しいと思っている。そんな奴らに話が通じる訳がない。たちの悪い老人を相手にしているようなもの。

・自分で照射したって何度も言ってるだろw

・韓国の科学的根拠が全く無い件www

・あの国の科学ではそのレベルなのでしょう

・照射したことを認めたり認めなかったり忙しい地域だなw

・そのような科学力では、理学系のノーベル賞は永久に取れません。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事